本文へ移動

真空スプリンクラー設備

水損を許さないスプリンクラーシステム

真空スプリンクラーは火事以外では放水を許さない、新しい時代の画期的なスプリンクラーです。

水損を起こさない

2次側配管のトラブルによる漏水事故を抑制
(突発性放水の破損要因)
  • ヘッド
    ・荷物の搬入、搬出時の破損 ・改修工事の破損
    ・寒冷地における凍結破損 ・地震時の摺動破損
    ・温度上昇による異常圧力破損
  •  配管
    ・経年劣化 ・腐食

2次側配管の腐食を抑制

負圧にすることで溶存酸素や酸化性ガスが除去され腐食を抑制

2次側配管の異常昇圧を防止

夏の暑さなどで配管内の水温が上昇し異常昇圧が発生します。配管や機器を破損させない為にも、真空スプリンクラーは2次側の圧力を常に監視し-0.03Mpa以下に保ちます。

火災保険が安価に

真空スプリンクラーを設置するとこれまでの火災保険料を低減させることができます。

信頼性のある流水検知装置

  • 軽量でコンパクト
  • 圧力損失が小さい
  • 手動操作が可能
  • 誤操作防止
  • 操作信頼性をアップ
  • 腐食に強い

システム比較

リニューアル

リニューアル手順

既存の配管及び天井をそのままの状態で工事ができるためリニューアル工事に最適。
ご希望のフロアのリニューアルが可能。

リニューアルメリット

システムメリット
  • 水損を起こさない
  • 2次側配管の腐食を抑制
コストメリット
  • 配管材料費の低減
  • 天井の撤去や新設が不要
  • テナントの移動費用等が不要
  • 火災保険が安価に
工期メリット
  • 工期短縮が可能
  • 工事を簡素化
  • 工事管理が容易
エコメリット
  • 廃材を出さないので環境に優しい

メリットの比較

従来のスプリンクラー
真空スプリンクラー
施工対象
施工内容
エコ考察
施工内容
エコ考察
天井
撤去・新設工事
廃材発生
×
撤去しない
廃材無し

配管材料
撤去・新設工事
スクラップ再利用

撤去しない
廃材無し

スプリンクラー
ヘッド
撤去・新設工事
スクラップ再利用

撤去・新設工事
スクラップ再利用

流水検知装置
撤去・新設工事
スクラップ再利用

撤去・新設工事
スクラップ再利用

テナント移動
移動が必要
養生廃材
発生
×
移動不要
廃材無し

リニューアル
加圧システム
施工
20年後
再検討

負圧システム
施工
20年後
再検討僅少

トータル評価
エコロジー的に難あり

エコロジーに相応しい

最適な場所

●インテリジェントビル ●ホテル ●病院 ●研究所 ●デパート ●工場 ●倉庫
【本社】
宮城県仙台市若林区白萩町35番19号
TEL022-352-1350 FAX022-352-1351

【東京営業本部】
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85
三共横浜ビル 13階
TEL045-325-7341 FAX045-325-7342

【横浜営業所】
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85
三共横浜ビル 13階
TEL045-325-7283 FAX045-325-7285